全国ダブル最高1807 思考停止ジュカアシレ

シングル対戦しかしてこなかった自分ですが、そこそこ自分で考えた構築で全国ダブルで目標にしていた1800を超えることができたので布教のため紹介。

最高1807、最終17xx(前半)です。ある#進化の輝石廃止などで有名な人にレートが1負けていたため、もう1勝だけ頑張ろうと思ったらとかしちゃいました。

コンセプトはジュカイン+アシレーヌの草の誓い+水の誓いのコンボを決め、相手フィールドに湿原を張ってSを4分の1にした後、ジャラランガを筆頭に上から相手を制圧していくというもので、初心者でも分かりやすく扱いやすいものになったと思っている。

シングルではほぼ死に特性のメガジュカインの避雷針がダブルではかなり強く、他にも(ダブルでは)いろいろ優秀な補助技も使えるので、ジュカインのポテンシャルを発揮しやすく使ってて楽しかった。ジュカイン使いのみんなダブルやろう!

 

f:id:zomq:20181106065047p:plain

 

ジュカイン   ジュカイナイト

カプ・コケコ  こだわり眼鏡

ジャラランガ  ジャラランガZ

ギルガルド   ウイのみ

アシレーヌ   命の珠

ガオガエン   フィラのみ

 

 

個体紹介

f:id:zomq:20161115075102g:plain

ジュカイン @ジュカイナイト 臆病 新緑

H175(236)-x-B87(12)-C126(4)-D106(4)-S189(252↑)   メガ前

H175(236)-x-B97(12)-C166(4)-D106(4)-S216(252↑)   メガ後

 

草の誓い リーフストーム

ファストガード 吠える

 

サークルの先輩ジャンクロンさんから頂いた色ジュカイン(めざ飛個体)

 

初手に出すサポート要員。ともに先発に出すアシレーヌと誓いコンボを狙っていく。

ほんとに強かった。追い風やトリルが飛び交うダブルでも初速が216というのは正義の速さであり、環境にいて、メガジュカインが初速で抜かれるのは天候パのエース(ルンパッパ、ラグラージドリュウズ)と準速ランドよりも速いスカーフもちだけである。

耐久に厚く回しているため、選出画面で判断が難しいスカーフもちの攻撃はだいたいジュカインが耐え、草の誓いを打つ前にジュカインが落とされる展開にならない。(スカーフテテフのサイコキネシスは耐える)

誓いを発動させたらメガジュカインのSは驚異の864相当!!!!(余談だがレベル100スピードフォルムデオキシスの最速がS504、最遅ツボツボの108倍)

C4振りとはいえ、サポート要員としては破格の火力を持っているため、相手が無視しにくく誓いで発動させた湿原のターン数を残したまま後続のジャラランガにきれいにつなぎやすいのもgood!

吠えるはトリル対策として入れていたが、なんで挑発覚えないんですか???

 

 

f:id:zomq:20181106081238g:plain

カプ・コケコ @こだわり眼鏡 臆病 エレキメイカ

H146(4)-x-B105-C147(252)-D95-S200(252↑)

10万ボルト ボルトチェンジ

マジカルシャイン エレキボール

 

基本的に相手のパーティにジャラランガの天敵であるレヒレかアシレがいる場合に後発で選出して、ジャラランガの横でレヒレアシレを牽制しつつ、眼鏡の火力を叩き込んでいく。ちなみに眼鏡マジカルシャイン(ダブルダメ)は上述のメガジュカインに確定耐えされる。(ジュカインが硬いんだよ)

構築の最後に入ってきたポケモンであり控え目の厳選をさぼって臆病個体の流用をした結果それが原因で赤ゲージで耐えられまくったので控え目のほうが100%いい。技3つは確定だが、湿原貼ってればほとんどのポケモンに威力150のエレキボールを叩き込めると思ってエレキボールを採用してみた。一回も押してない

 

 

f:id:zomq:20180319075237g:plain

ジャラランガ @ジャラランガZ 控え目 防音

H151(4)-x-B145-C167(252↑)-D125-S137(252)

スケイルノイズ 竜の波動

火炎放射 守る

 

どう考えてもぶっこわれ効果のジャラランガZを打ってから相手のパーティを蹂躙していくパーティのエース。いかにジャラランガを通しきるを考える.竜の波動はジャラランガミラーを制するための採用。

 

f:id:zomq:20161115074844g:plain

ギルガルド @ウイのみ 控え目 バトルスイッチ

H167(252)-x-B171(4)-C104(196)-D174(28)-S84(28)

シャドーボール 毒毒

ワイドガード キングシールド

 

雨パに対する時間稼ぎとテテフグロスや、クレセ、カビゴン、メレシーラッキーなどのジャラランガで崩しきれない耐久に対して選出。

調整は雨下ルンパの水Z確定耐えかつウイのみ発動、湿原+追い風下最速100族抜き

ルンパッパの水Z+ペリッパーの潮水で落としに来られることが多く混乱実がうまく機能した。

 

 

 

f:id:zomq:20181106081154g:plain

アシレーヌ @命の珠 控え目 うるおいボイス

H183(220)-x-B95(4)-C188(196)-D138(12)-S90(76)

水の誓い ムーンフォース

ハイパーボイス 守る

 

ジュカインとの誓いコンボを決めるために先発。高速低火力のジュカインと鈍足高火力のアシレーヌはかみ合わせがよい。誓いを決めた後なら、追い風下の最速110族を抜ける。水の誓いはトリトドンの呼び水に吸われず、ハイパーボイスの命中も100なのが優秀。

眼鏡個体の流用だから命の珠持ってるとは思えないHPしてんな

 

 

f:id:zomq:20181106094409g:plain

ガオガエン @フィラのみ   意地っ張り 威嚇

H191(164)-A181(236)-B111(4)-x-D111(4)-S93(100)

猫だまし フレアドライブ

はたき落とす とんぼ返り

 

 強い(確信)

 

 

ダブルのジュカインを布教したくて構築記事書いたが、シングルでジュカイン使っている人って自分含めてジュカインでカバマンダガモスとかを3タテして気持ちよくなってる人多そうだから(偏見)この構築だと布教にならなそうだと今気づいた。

 

サポート特化のポケモンがいないから片方放置されて展開になりにくいのが良い。

いかにトリルを打たせないか、誓いを守るで防がれないかだけ考えてた。

 

 

選出パターン

 

基本選出  先発ジュカイン+アシレーヌ + ジャラランガ+@1

 @1には相手のパーティに刺さっているポケモンないし、ジャラランガの障壁となるポケモン(カプとか)に強い駒を投げる。想像以上にジュカイン+アシレーヌで対処できる範囲が広くアドバンテージも取りやすい。というか、盤面をある程度整えた後のジャラランガが強すぎる。

状況にもよるが、猫だまし要員(ガオガエン)がいたらファストガード、ゲンガー(クレセ)以外のトリル要因がいたら吠えるを鋼の意思で選択する。

素早さがS189で十分であるため、基本的に妖技が弱点にならないようにメガシンカしないが、メガゲンガー、コケコなどを抜きたい、リザYの熱風を耐えたい、避雷針が欲しいと感じたらメガシンカする。そして、相性関係なく守るを選択しなそうな方の相手を狙って誓いを放つ。基本的にはスカーフや突撃チョッキの採用率の高いランドロスや追い風を押してくるサンダーやリザードンなど。その後はジャラランガなどで制圧していく。

 

対妖パ   先発ジュカイン+アシレーヌ + コケコ+ギルガルド
 フェアリーが3体以上いるなどジャラランガがだせないパーティに対して、フェアリーが3体かぶっているとだいたいコケコの電気技が一貫しがち。

 

対雨パ   先発ジュカイン+ギルガルド + ジャラランガ+@1

 ルンパッパの猫だましなどが絡み誓いを狙うのが困難な雨パに対してはペリやトノをジュカインとガルドで早々に落として、ひたすらギルガルドジャラランガを駆使して雨ターンを稼ぐ。ルンパ軸ならアシレの守るで時間稼ぎ、ラグ軸ならガエンの威嚇でラグの冷パンをジュカインが耐えてリフストで落とす動きも狙っていきたい。

 

対砂パ   先発アシレ―ヌ+ガオガエン + ジュカイン+ジャラランガ

 浮いてるポケモンがいないのと、ジャラランガに格闘打点がないからかなり厳しい。

初ターンアシレが守る、ガエンがトンボを押して、威嚇を入れたバンドリ対万全のジュカイン+アシレーヌの盤面を展開できるように祈る。

 

 

 

あとのパーティは基本選出してればきっと何とかなる!

 

追記)

QRパーティに登録しておきました

リンクの貼り方が分からなかったのでジュカインギルガルドあたりで検索してください

 

 

最後にジュカインの色違い個体をくれたジャンクロンさん、構築相談をしてくれた、あかなおさん、たぴおか、わだーだ、ありがとう!

 

 

ジュカイン入り最高1995 S8使用構築

今期目標としていたレート2000は達成できなかったが、惜しいところまで行ったのと、ほかのジュカイン入りの記事をもっと読みたいと思ったので、軽く紹介

f:id:zomq:20180319073230p:plain

 

f:id:zomq:20161115075102g:plain

ジュカイン @ジュカイナイト

 臆病CS 新緑→避雷針

 リーフストーム エナジーボール 龍の波動 目覚めるパワー炎

身代わりが欲しい場面がいくつかあったが、エナボも切れなかった

f:id:zomq:20180319080235g:plain

サンダー @電気Z

 控え目CS プレッシャー

 10万ボルト 熱風 目覚めるパワー氷 高速移動

電気Zで無振りテテフが落ちる程度には火力があり、技範囲が優秀で耐久もそれなりにある。霊獣ボルトと違い読まれにくく、炎枠を構築に入れなかったため熱風の存在は大きかった。

f:id:zomq:20180319080344g:plain

メタグロス @メタグロスナイト

 陽気AS  クリアボディ→かたい爪

 アイアンヘッド 冷凍パンチ 雷パンチ 地震

補完で入れたが、構築単位でギャラ、レヒレ、グライオンを強く呼ぶため、雷パンチ、

冷凍パンチは必須だと感じたが、地震はもっといい技があったと思う 

        

f:id:zomq:20180319075237g:plain

ジャラランガ @ジャラランガZ

 控え目CS 防塵

 スケイルノイズ 火炎放射 インファイト 挑発

フェアリータイプがいないパーティ(特にジュカイン軸だと厳しい受けループ)にイージーウィンできる。相手の選出誘導力は随一。キノガッサに強く出たかったのと、カバルドンがパーティにいるため防塵で採用したが間違っていなかったと思う。が、要検討

 

f:id:zomq:20180319080553g:plain

カバルドン @ゴツゴツメット

 腕白HB 砂起こし

 地震 氷の牙 欠伸 怠ける

バシャ、ミミッキュ専属

f:id:zomq:20180319080840g:plain

エンペルト @食べ残し

 穏やかHD 激流

 波乗り 欠伸 ステルスロック 吠える

ジュカイン軸ではほぼ必須のステロをまけ、ゲッコウガアーゴヨン、カプテテフ、ギルガルドなどの特殊に受けだしてから、起点を作れる過労死枠、今構築のMVP。9割以上の試合で選出した。相手のリザードンに対して対面からなら、xでもyでも欠伸で流しつつステロを撒ける。

 

1シーズン前からジュカイン界隈のなかで流行していたジュカインエンペルト+地面枠という並びを使ってみた。

カバエンぺで相手のポケモンを削った後に、全抜きエースとして活躍できうるポケモンジュカインのほかに3体構築に入れた。

したがって基本選出は

 エンペルトカバルドン+全抜きエース

であり、受けループやバトン構築といった特殊な構築や以下の厳しいポケモンがいない限り、どのポケモンがエースとして活躍できるかを考え基本選出していた。

雑感としては、高速移動サンダーも、ジャラランガも、エンペルトももっと増えていいぐらいには強かったと思う。眠りという状態異常のため仕方ないが、相手の眠りターン数に勝敗が依存するところが少なからずある。

 

厳しいポケモン(カバ、エンぺどちらにも強いポケモン

 キノガッサ 

キノガッサと受けループを見るためだけにジャラランガを採用したといっても過言ではない。メガジュカインキノガッサに勝てない。

 マンムー

カバエンぺどころかパーティで対面で勝てるのがメタグロスと(ジャラランガ)しかおらず、両方受けだしがきかない。

 フェローチェ

メガジュカインで準速をお祈りしながら龍の波動うってた。

 格闘zをもったポケモンゲッコウガ、カプテテフ、その他)

上の3体と違ってこちらは基本選出をしてしまうのでエンペルトに格闘Zを打たれるだけで基本的に試合が終わってしまい、質が悪い。

 

 

 Zハイドロカノン ゲッコウガ

f:id:zomq:20170303020355g:plain

臆病 変幻自在 @水Z

実数値 H149-x-B106-C143-D92-S182

努力値 H12-x-B148-C156-D4ーS188

 

 ハイドロカノン 水手裏剣

 冷凍ビーム 神通力

 

そこそこ見かける水Zゲッコウガだが、Zハイドロカノンにデメリットがないため、このゲッコウガはCとSを少しBに回し、ハイドロポンプではなくハイドロカノンを採用している。

Bを上げたことにより、襷以外のCSゲッコウガと比較して、対バシャーモメガメタグロスガブリアスドリュウズ性能が大幅に上がった。

Cを落としたことによるデメリットだが、ハイドロポンプの代わりにハイドロカノンを採用していたり、そもそもこれ以上降っても環境のポケモンに対する確定数はC252降りとほとんど変化はない。

Sを落としたことに対するデメリットは最速メガボーマンダゲッコウガぐらいで、相手視点ではそのことを前提とした立ち回りはこのZハイドロカノンゲッコウガが大流行しない限りされない。したがってこのゲッコウガもほかのゲッコウガとほとんど変わらない行動保障があり、ゲッコウガはその素早さから行動がある程度保障されている為Zクリスタルを持つにふさわしいポケモンといえる。

 

対耐久無降りバシャーモ

4分の1Zハイドロカノン+水手裏剣で確定

A特化飛び膝蹴りを13/16で耐える(等倍)

襷以外なら対面したとき守っても守らなくても確実に勝て、襷でも13/16で勝てる

 

対耐久無降りメガメタグロス

Zハイドロカノン(81%~95%)+水手裏剣(一発あたり6%~8%)でよほど運が悪くなければ落とせる

補正なし雷パンチを1/2で耐える

A特化アームハンマーが8割入らない

そもそも対面したとき雷パンチはほとんど打たれず、鋼技を打たれることが多く、それが5割入らないため、Zハイドロカノン+冷凍ビームで少し耐久に振られていたとしても安全に倒すことができる。

 

A特化ガブリアスの逆鱗15/16耐え

 

A特化ドリュウズ地震+砂ダメを1回確定で耐える。

バンギorカバにZハイドロカノンで落とした後、ハイドロカノンドリュウズを倒せる。マンダの龍舞に気を付けよう。

 

他にもそこそこ耐久がある為、タイプ一致技程度ならば一発耐えることが多く、撃ち合える範囲は広い。しかしポリ2やラッキー、ナットレイなどの高耐久ポケモンは厳しい。ゲッコウガに後出ししてくる筆頭なので流行りだしたらそこをメタったZけたぐりに変更しよう。

 

あと技構成に関してだが、ハイドロカノン以外は冷凍ビームを含めて、選択技であると考えているが、ゲッコウガは技範囲が優秀なので、パーティに合わせてカスタマイズできる。自然と冷凍ビームは入ってくると思う。

先制技も候補筆頭だが、水手裏剣>影打ちと考えている。

高火力の水技がある為、鋼に打点がある。そこで悪の波動ではなくサイコフィールドの恩恵を受けられる神通力を優先技にしたい。ブルル ドラン ドヒドイデのサイクルも1人で全員に抜群が取れる

 

 

ここからは、ハイドロカノンについて考察したい。

Z技にしたときハイドロポンプより優れているのは確かであるが、Z技を打った後でも活躍できる。それはハイドロポンプよりも命中率が高い点も挙げられるが、反動で動けなくないターンに積まれても負けに直結しにくくなったということである。

積みの起点にされて対処しにくいものとして、

一つ目に龍舞や蝶舞、殻破などでSと火力を上げられること。

二つ目に剣舞などで火力を上げられてから先制技で裏のポケモンを縛られること。

三つ目に身代わりをおかれること。

四つ目にトリックルームを張られること。

が挙げられる。(ほかにもあったらコメントください)

6世代では、環境トップメガガルーラグロウパンチを無償で積まれると、不意打ちやひみつのちからなどでパーティを蹂躙されることが多かったが、7世代になって、リカバリーしやすいと考えられる。

一つ目にメガガルーラの弱体化に伴う襷の復権とミミッキュの登場

これによって、ギャラやマンダ、ウルガ、カイリューなどに積まれても襷や皮を盾に返すことができる。

二つ目にカプ・テテフとサイコフィールドの登場

これによってメガガルーラの不意打ちやルカリオの真空波等の低中速ポケモンによる先制技による全抜きは止めることができる。

三つ目の身代わりだが、ミミッキュに呪いを打たれると身代わりは貫通する。

そもそもゲッコウガの前で身代わりを張っても1ターン行動不能なだけなので、次のターンにゲッコウガに身代わりを割られる。

4つ目にトリックルームだがZ技の登場により、トリルを張るターンに出オチしやすくなっていて採用しずらい。ミミッキュにトリル返しをされる。

ミミッキュ頭おかしい。

パルシェンに積まれると厳しい試合になることが多いがミミッキュを入れることで他のポケモンには比較的リカバリーしやすい。

以上より、ハイドロカノンなどの反動技を入れることに対して、思考停止で切るということはやめた方がいい。

 

このポケモンを入れたパーティで横浜国立大学のサークル流星群が主催する第3回MASTESオフで決勝トーナメント進出8位になれました。

 

第4回MASTERSオフは8月に開かれるのでぜひ検討してください

 

 

    

ジュカバシャラグ

f:id:zomq:20161115064131p:plain

第6世代最後のオフということで相棒ポケモンであるジュカインから構築を組み始めた。

ジュカインでは相手にできないガルーラ軸やクチート軸に対して強いバシャーモが入ってきて、それならラグラージも入れようという安易な発想だった。

 

f:id:zomq:20161115075102g:plain

ジュカインジュカインナイト

臆病 

145-x-95-197(252)-106(4)-216(252)

リーフストーム/龍の波動/気合玉/守る

 

相棒枠

ジュカインの中では、テンプレだと思っている範囲重視の臆病CSの3ウェポン。環境上位のポケモンに対面では勝てないが、1サイクル回すことができればs145族からの制圧力は割と高い。こいつで3タテするのがポケモンをやってて、一番楽しい。

選出率 4/10 

 

f:id:zomq:20161115074743g:plain

バシャーモ@ラムのみ

意地っ張り

155-189(252)-90-x-93(20)-130(236)

フレアドライブ/飛び膝蹴り/叩き落とす/守る

 

対ガルーラ兵器その1

あまり書くことがないがシンプルに強かった。対害悪に強いのも良い。

選出率 6/10

 

f:id:zomq:20161115074937g:plain

ラグラージ@オボンのみ

のんき

207(252)-x-140(140)-96-124(108)-59

熱湯/欠伸/ステルスロック/吠える

 

ステロ要因

マンダの起点づくりというより、ステロとサイクルで相手を疲弊させ、ジュカインバシャーモの圏内まで削る。友人から借りた個体の流用のため性格がのんきだが、図太いの方がいい。これで一戦負けかけた。あと編集中気がついたのだがCの個体値が13...

選出率 4/10

 

f:id:zomq:20161115074904g:plain

ボーマンダボーマンダナイト

意地っ張り

171(4)-216(252)-150-x-110-172(252)

捨て身タックル/空元気/地震/龍の舞

 

エースのはずだった

上3体で明らかに重いファイアローバシャーモに対する回答として採用。ラグマンダの並びもきれい。アローの鬼火を重く見て、空元気を採用した。ボルトロスどころか、ミミロップゲッコウガ、ラティ兄妹の大量発生のために対戦画面に映ることはなかった。

選出率 2/10

 

f:id:zomq:20161115074944g:plain

ライコウ@命の珠

臆病

165-x-96-167-121-181 (めざ氷個体)(非理想個体のため実数値のみ)

10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/電磁波

 

最速メガルカリオ抜き

Cぶっぱ残りbd

 

ボルトロスに対する回答

メガジュカインは避雷針にもかかわらず、対面有利な電気タイプは、水ロトムメガライボルトぐらいなので、電気に有利な電気として採用。あまり意識はしていなかったが、壁バトン偽装になっていた。眼鏡ではなく珠なのは自分がこだわった電気を使うのが苦手なためだが、そのおかげで電磁波を無理なく入れることができたので正解だったと思っている。

選出率 4/10

 

f:id:zomq:20161115074844g:plain

ギルガルド@弱点保険

のんき

167(252)-73(20)-220(236)-70-170-58 (シールドフォルム)

167(252)-173(20)-110(236)-170-70-58  (ブレードフォルム)

シャドーボール/聖なる剣/影打ち/キングシールド

 

対ガルーラ兵器その2

常盤祭の決勝でHB弱保ガルドを見て、考察を始めたところかなり強かった今大会のMVP。弱保ガルドの弱点として、少し削られていると、ガルガブの地震で落ちてしまうというのがあったが、Bにかなり厚く降ることでダメージを1割ほど減らすことができサイクルに組み込んだ後、弱保発動という流れを通しやすかった。また、キングシールドを狭まずともブレードフォルムで耐える攻撃が増加し、こちら視点で拓でなくなるという点も評価ができる。大会ではないが、ブレードフォルムでA特化のズルズキンの叩き落とすを耐えた時は驚いた。

選出率 10/10

 

ジュカインを使って初めて決勝トーナメントに上がれたので、第6世代最後いい思い出になった。またジュカイン使いのしのもりさんとも会話できて、とても楽しかったです。サンムーンでもジュカインを使いたい。致命的な弱体化を受けるみたいだが。

 

 

シーズン17使用構築 スイクンクチートガブ 「最高レート2092」

 

初めまして、オフでもレートでも結果は出せていませんが、レート最終シーズンに初めてレート2000を達成しすることができたので構築を公開したいと思います。またカオスさんの以下の構築を大いに参考にさせてもらいました。

http://ch.nicovideo.jp/chaospokeblg/blomaga/ar1030669?ref=ranking_blomaga_article

 

化身ボルトロス@オボンの実

おくびょう  いたずらごころ

174-x-94-148-102-179 (非理想個体なので実数値のみ)

10まんボルト めざめるパワー氷 きあいだま わるだくみ

 

最速、A200げきりん耐え残りC

でんじはを切ってわるだくみ3ウエポンだが、でんじはを打ちたいバシャーモゲッコウガメガゲンガーなどは他のポケモンで処理できるし、でんじはを持ってなくても相手はそれを警戒した動きをとるので、そのすきにわるだくみを積んで全抜きという試合も珍しくなかった。

 

ガブリアス@こだわりスカーフ

ようき さめはだ

183-182(252)-116(4)-90-105-169(252)

げきりん じしん いわなだれ りゅうせいぐん

 

役割と配分は一般的な陽気スカーフガブリアスと同じ

流星群に関しては、龍技を打ちたいけど逆鱗は押したくないという場面で重宝する。

具体例としては後ろにゴツメクレセリアが控えているサザンドラ、後ろにルカリオが控えているカイリューなど。

特に後者に関していえば、りゅうせいぐんを持っているおかげでタスキと勘違いしてくれ、ルカリオに積まれることはなかった。 

少なくとも、ドラゴンクローやダブルチョップよりは使いやすい。

 

ファイアロー@いのちのたま

いじっぱり はやてのつばさ

175(172)-146(252)-91-x-92(20)-154(64)

ブレイブバード フレアドライブ つるぎのまい はねやすめ

 

準速90族抜きの珠アロー

パーティ変更前は地面無効枠がこのポケモンだけだったので、そこそこ選出していたのだが、ボルトロスを入れたことによって、その必要性が薄れたので、選出率は低め。

この枠はラムバシャーモでもよかったかもしれない。

 

クチートクチートナイト

いじっぱり いかく→ちからもち

157(252)-140(180)-106(4)-x-82(52)-73(20) メガ進化前

157   -162        -146-     x-122    -73        メガ進化後

じゃれつく はたきおとす ふいうち つるぎのまい

 

眼鏡サザンドラの悪の波動にメガ進化前、メガ進化後で2耐えするまでDにふった型

スイクンvsサザンドラorゲッコウガ対面になってしまった時の受けだし先、しかしサザンドラに対しては基本的に受けだしが一回しかできないので、注意して立ち回る。

また、カバルドンスイクンを強引に突破して、ガブリアスの一貫をつくることもしていた。

 

フシギバナフシギバナイト

ひかえめ  ようりょくそ→あついしぼう

183(220)-91-103-163(232)-120-107(56)

183       -108-143-188        -140-107

ギガドレイン ヘドロばくだん めざめるパワー炎 じしん

 

フルアタHCメガフシギバナ

草、電気受け。また、だいたいの攻撃を一発はたえるので、削り要員としてもつかう。

基本的にわるだくみを積んだボルトロスにも勝てるが、サイコキネシス(3敗)や、めざめるパワー飛(1敗)持ちには勝てない。

しばしば挑発されている。

 

スイクンゴツゴツメット

おくびょう

205-x-136-113-134-147 (非理想個体なので実数値のみ)

ねっとう こごえるかぜ ミラーコート ほえる

 

最速81族抜きまでsに振った型

9割以上の試合で先発に出した。

速くないガルーラ、ヘラ、メガギャラ、キノガッサマンムーなどの上からねっとうをうてるのが強かった。ゴツメスイクンとしては、リフレクターを持ってないHBスイクンよりも優秀だと感じた。基本的に相手ポケモンの一体を倒すことができる。このポケモンで3タテすることも何度かあった。

ほとんどのポケモンに対して突っ張ることができるので、対面性能としては、ガルーラに引けを取らない(と思う)。

 

2100チャレンジを2回失敗して、1900台まで落ちたので最終日は相棒ポケモンであるジュカイン入りのパーティを回していたので、最終レートは載せていません。

サンムーンでもシングル対戦は続けるのでこのブログに構築などを載せていこうと思います。

 

ちなみに以下のが最終日回していたジュカイン入りの構築です

以下の記事を参考にさせてもらいました。

【構築記事】s16使用構築「ゲンガーランドジュカイン」【最終レート2015】 - ジュカインを使いたい!!

メガジュカインを愛用していることもあって、ガルーラを使い慣れてなかったので、レートはもっと伸びるパーティではあると思います。

ガルゲンが強いだけじゃね

最後読んでいただきありがとうございました